アクセスカウンタ設定方法

下記にホームページでのカウンタ設定方法を説明します。
カウンタを表示したい場所に以下のタグを埋め込みます。

<IMG SRC="/cgi-bin/Countcgi?パラメータ">

パラメータには、以下のパラメータを指定します。

パラメータ 省略値
df カウンタ名
ホームページアカウント名.dat)

※省略できません
dd カウンタスタイル
A:counta
B:countb
C:countc
D:countd
E:counte
A
ft フレームサイズ
※0指定でフレーム無し
6
md 表示桁数 6
frgb フレームの表示色
※16進表記
648bd8

パラメータの指定を下記のように設定したとします。

df=foo.cnt fooはホームページアカウント名
dd=C カウンタスタイルをCの場合
ft=0 フレームな無し(有りの場合は1~6の値を入力
md=6 6桁表示,3桁表示の場合はmd=3のようにする
frgb=ffffff フレームの表示色を白にする

上記のように設定したい場合にはパラメータとパラメータの間に&を入れます。

<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.cnt&dd=C&ft=3"&md=6&frgb=ffffff">

このように記述しますと下記のように表示されます。

お願い:新規にカウンターを設置される場合には、このページで説明しております foo.cnt というスクリプトではなく foo.dat というように cnt を dat に置き換えてご利用ください。(下記参照)

 <img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=C&ft=3"&md=6&frgb=ffffff"> 


実際の利用例

WWWサーバーのユーザー名がfooの場合(fooを自分のホームページアカウント名に変更します) パラメータの指定により下記以外の設定もできますので,自分の用途にあった設定をされてください。(新規にカウンターを設置する場合には下記のスクリプトのcntをdatに置き換えて下さい)

スタイルA
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=A&ft=0">
スタイルA・フレーム1
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=A&ft=1">
スタイルA・フレーム2
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=A&ft=2">
スタイルA・フレーム3
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=A&ft=3">
スタイルA・フレーム4
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=A&ft=4">
スタイルA・フレーム5
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=A&ft=5">
スタイルA・フレーム6
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=A&ft=6">
スタイルB
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=B&ft=0">
スタイルC
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=C&ft=0">
スタイルC・反転表示
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=C&ft=0&md=6&negate=T">
スタイルD
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=D&ft=0">
スタイルD・反転表示
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=D&ft=0&negate=T">
スタイルE
<img src="/cgi-bin/Countcgi?df=foo.dat&dd=E&ft=0">
バングラデシュ語
<img src="/cgi-bin/Countcgi?ft=0&df=foo.dat&dd=bang">
今日の日付から2013年12月31日までのカウントダウン
<img src="/cgi-bin/Countcgi?cdt=2013;12;31;0;0;0&sfd=T&dd=cdd&ft=2">
時刻の表示
<img src="/cgi-bin/Countcgi?display=clock">
日付の表示
<img src="/cgi-bin/Countcgi?display=date&dd=cdr">