生涯学習の拠点施設がオープン ~中心商店街の活性化にも期待~

北秋田市民ふれあいプラザ「コムコム」

北秋田市民ふれあいプラザ「コムコム」

 北秋田市民の生涯学習の拠点となる「ふれあいプラザ・コムコム」が4月30日(土)、オープンした。同施設は、中心市街地の活性化とにぎわい創出の拠点施設」として建設されたもので、場所は合川地区に市民病院として移転した旧北秋中央病院の跡地。鷹ノ巣駅前から続く中心商店街の一角だ。

 施設は2階建てで面積は約3,000㎡。1階は、多目的ホール、学習活動スペース(調理自習室/特産品加工室/和室)、交流広場、子育て世代支援室などからなり、民間業者の入るカフェもある。また、少し離れた場所にあった秋北バスの停留所が施設横に設けられた。
 また2階は5つの研修室、創作スタジオ、学習ラウンジなどからなり、パソコンコーナーには自由に利用できるパソコンも設置されている。

 オープニングイベントとして4月30日と5月1日の2日間、ステージイベントやフリーマーケット、屋台村、郷土芸能、自衛隊音楽の演奏、市ゆかりの俳優・高橋克典さんのトークショーなどが行われ、大勢の市民が訪れた。

 公民館に代わる生涯学習施設としては使い勝ってがよさそうだ。ただ、周辺に目をやると、空き店舗の目立つ商店街の人通りは少ない。今後、市民の利活用と連動させた商店街の活性化が課題だろう。

 なお、利用申し込みは市生涯学習課(係)まで TEL:0186-62-1669

この記事を見た方はこんな記事も見ています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です